SEの中途採用の基礎知識

SEが中途で転職する際の基礎知識

ここでは中途採用に関するアレコレ、基本的な情報をお伝えしていきたいと思います。転職が初めて、といったSEの方は参考にしてみてください。

 

まずこのサイトに来てくれた人は様々なタイプがあると思います。

 

  • いますぐSEの中途採用求人を見つけて転職活動をしたいひと
  • 半年後ぐらいにはボーナスもらって今の会社を辞めたいひと
  • 1年〜3年後ぐらいを考えている、場合によっては今の会社にとどまりたい

 

いろんなタイプがあります。私自身はいますぐでも会社を辞めたかったのですが、抜き差しならない状況もあって結局何年もかかってしまいました。

 

中途で採用してもらうまでの流れ、まず何をすべき?

これが一番大事だと思います。TOPページでも書いてありますとおり、私がお伝えしている「大切なこと」に目を通してもらえると嬉しいです。

 

つぎは、SEの中途採用の求人情報を探します。転職サイトを使うか、ヘッドハンターにコンタクトを取ったり、人脈持ちなかたは知人を頼ってもいいと思います。

 

何社か求人情報が見つかったら企業研究が必要ですよね。その会社つぶれない?どんな事業?社長は?社風は?昇給制度は?福利厚生は?年収の額面と手取りは?などなど。

 

20代前半のひとはそこまで考えないかもしれませんね、なぜなら「やりがい」だけで転職する方が多いからです。

 

自分の希望を満たす会社がみつかれば、エントリーして資料の送付です。問題なければ筆記試験、面接と進んでいきます。この間、1社だけでなくて少なくても3社は応募しておくのが一般的です。(転職コンサルタントがいればあれこれナビしてくれるので活用したほうが良いと思います。)

 

無事合格すればコンサルタント経由で、合格通知がもらえるでしょう。

 

今の会社を辞めるという決断

さて、合格が出ればいよいよ今の会社を辞める手続きをしないといけません。(もちろん今の会社をやめてから転職活動をされる漢らしい方もいるでしょうけど)

 

それと同時に合格通知をもらった会社に「よろしくお願いします」と「いついつから出社できる」を伝える必要がありますね。

 

できれば円満退社がいいと思います。私は現行プロジェクトが進行中に辞めたので頑張れとは言ってもらえませんでしたが(笑) 退職のしかたもコンサルタントに伝授してもらってスムーズに進められると思います。

 

基本的には辞める一ヶ月前には上司に伝えて”退職願”を書くことです。それから有給休暇は原則、全部消化できるのが法律です。辞める事が決まっている場合は会社は出社するように命令できないので、安心してください。