SEが中途採用の面接

中途採用の面接は大事?

転職する際にはとうぜん相手企業の人事の人と面接があります。転職活動で一番緊張する瞬間かと思います。

 

面接での良し悪しで採用/不採用が決まる場合も多く、ここは少しでも対策をしていけば有利に進めることができるでしょう。

 

なにせ同じぐらいのスキル保有者が2人候補として上がってきたら、面接での良し悪しでどちらかを落とすということにもなりますからね。

 

それにプログラマとは異なってお客さんと折衝する事の多いSEならコミュニケーション能力があって当然です。

 

面接で大事なことはウソを言わない

いちど新卒で社員としてSEとして働いていた方なら、一度は面接をクリアした経験があるので大丈夫かというとそうでもないようです。

 

◯自己紹介、キャリアの説明
◯志望動機を伝えること
◯なぜ前の会社を辞める(た)のか
◯新しい会社で何をしたいか、貢献できるか

 

この4点は当然人事のひととお話する内容です。誇張せずに、熱意とやる気を見せる事が大事です。

 

最後に、当社に対して質問はありますか?

面接というのは双方が対等な立場で行われるものです。双方のメリットがあってマッチして初めてなりたちますよね。企業から合格通知がきても、自分が行きたくないと思えば見送る、という選択肢もあります。

 

企業がわからひととおり質問などが行われた後に、こちらから会社について質問をしたいことがあると思います。「質問はありますか?」と言われますよね。そこもしっかり質問して企業の中を見ておくべきです。対等なんだから。

 

業務内容については、事前に資料に目を通してるはずなのである程度はわかってるでしょうけど、SEの仕事って実際に中に入ってみないとわからないことって多いですよね!?

 

なので、自分が望んでる仕事内容なのか、できそうな内容なのか、会社側が求めてるスキルの程度などしっかりココで確認しておくべきです。

 

それと質問しておいたほうがいいことは「中途採用者のキャリアアップのプラン」です。人材育成制度、昇給プラン、評価制度があるかです。これは自分がどんなスキルをさらに高めていけるのか、昇進できるのか、につながっていくので確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

面接対策 | SE中途採用の情報を探すならコレ!記事一覧

SEは技術力をアピールすべきか

中途採用のときに必ずあるイベント、それが「面接」です。一般的な面接対策についてはそちらの記事を参照していただきたいです。SEの場合、なにをアピールすればよいでしょうか。しばしば挙げられるのが「技術力アピール」。SEは技術力をアピールすべき、と考えている中途の方が多いようです。しかし残念ながら技術力を...

≫続きを読む