SE中途採用が受からない

受からないと言われても・・

厳しいようですが、転職は自分で何とかしないといけない世界です。

 

というだけは簡単なんですけど、それだとかわいそうなので、ヒントをいくつかお伝えしたいと思います。

 

SEで中途採用が受からない、Pointはいくつかありますよね。

 

書類が通らないのか、面接がダメなのか。。

 

でも、その部分は転職コンサルタントと相談、ロープレなど進めていけば問題ないと思うのでOKとしましょう。

 

そうすると、なぜ受からないかは主に2つに絞られてくる事が多いです。その2つとは

 

◯熱意の問題
◯マッチングの問題

 

この2店です。

 

熱意の問題

どれだけ転職に熱意を持っているか、そしてそれを相手に伝えられているか、です。相手がこの人と一緒に仕事したい、と思ってくれないことには採用してもらえませんからね。

 

転職に熱意、というかその入社したい企業に対しての熱意と置き換えることもできます。そうするとけっきょく「自分はどこへ向かおうとしているのか」という自己分析の話になります。

 

本当にやりたいことなのか、本当に入社したい会社なのか、そういう言葉で表現できない部分やスタンスやオーラのようなものは全体を通して相手に伝わりやすいんです。

 

でも、なかなかそういう部分を伝えるのは難しいのが現実。何回も何回も面接でNGをもらってきた人はセルフイメージが悪くなっていってよけいに合格しにくくなっていく事があります。

 

今回の面接の相手は、いままでの会社とは違うという認識が大切です。いままでの負けを引きずって挑む面接ほど意味がないものはありません。明るく元気よくいくことで解決する場合もあります。

 

 

マッチングの問題

企業側に立って考えると、「なぜ募集をしているのか」という部分に注目してほしいです。

 

この求人情報と自分のスキルはマッチしてるのか、という問題です。微妙にズレがある場合、あなたがどんなに優秀な人材でも企業側は採用しないことのほうが多いのです。

 

企業側の「枠」にハマる人が欲しいので、あなたより優秀じゃなくてもうまくハマる人のほうが採用されちゃったりするのが現実です。

 

これは今までのキャリア、職歴、経歴、どんなプロジェクトにどんな役割で参画してきたのか、必要とさえれるスキルがマッチしているのかを考えましょうという話です。

 

あなたの「やりたいこと」希望と、企業が必要としてる人材は異なる場合、これは採用にいたらないですからね。求人情報と自分の強みにズレがある場合は、うまくあいて企業によって履歴書の内容や、アピールする内容を変えていかないといけませんよ。