中途採用のSEに求められるスキル、他

SEの中途採用に求められる何かとは?

中途のSEといえばだいたい20代〜30半ばぐらいの人が多いことでしょう。そして中途者を採用する企業側ではどういった人材を必要としているのでしょうか、見ていきましょう。

 

基本は技術者だが、年齢によって異なる場合も

SEは35歳限界説がありますが、それは一般的に35歳をすぎたら管理職になっていき、プロジェクトを任されて若手のSEをまとめる立場になって行くことからそう言われていますよね。

 

ということは30歳をすぎたぐらいから、中途の転職者に求められるコトは、開発経験や◯◯言語習得、という話だけでなくコミュニケーション力や、プロジェクトの管理力といった事のほうが見られる場合が多いです。

 

実際わたしの場合はPJの収支計算をしたり、提案・見積書を作って出したり、メンバーの追加、外注、進捗管理、請求・支払い等の経理処理まで行っていました。規模としては年間5000万〜1億ぐらいのPJです。

 

なんで30歳すぎたらそれぐらいできないと、とは思いますし、採用する企業側もそれぐらい、またはそれ以上の能力、スキルを期待して採用してます。

 

若手はやる気が重要!

20代前半の若手の場合はやる気、熱意、夢、体力、そういった部分が見られます。若手ですからさすがにそれほどスキルを保有してるとは期待してない場合もあるし、大きい会社ならちゃんと人材を教育する制度を持っていて時間もお金も投資しているからです。

 

20代後半は今まで何をしていたの?

20代後半での転職となると、さすがに未経験で〜す、というわけにはいきません。今までどういった業務について、どんな成果を上げてきたか、行動原理はどんな思考なのか、見られますね。

 

SEの中途採用の多くは「コレコレのスキル保有者募集」という案件が多いので、20代なら年齢によらずスキル保有者であれば採用になる事のほうが多いです。会社が持ってる人材育成のスケジュールに乗せるために年齢制限をしてる求人もみかけますが。

 

中途採用はキャリア採用

「中途」という意味は少なくとも大卒新人の意味ではなく、第二新卒でもない。SEとして一度社会人として働いた経験、キャリアを持っている人においての転職のことです。

 

私が思うに、キャリア採用ということから転職というのは「今よりも働きやすい職場探し」よりも、キャリアアップのための転職を目指すべきだと思っています。激務から逃れるために一時的に他の会社に移る、という人もいると思いますが、基本的には今よりも年収アップするか、役職の維持、アップができる転職でなければもったいなくなってきます。

 

一度年収を下げたりするとそこから上げていくのが難しくなってくるからです。
SEのキャリアアップに関して面白いサイトがありました。http://www.opendoorsshaker.org/careerup/
色んな人がいて色んな考え方があるので参考になるかもしれませんね。このサイトはわりと私と考えがリンクする部分があります。